交友を広げる機会に

『生活する』ということは、多くのむずかしさを伴います。それに、自分のことだけ考えれば良い場合と、他人のことも考えなければならない場合もあります。一人暮らしが楽である、と考える方もいれば、共同生活するよりも自分一人でやらなければならないことが増えて面倒である、と考える人もいるでしょう。

どちらにしても、私達は自分たち一人一人の生活を管理する責任を負っています。これは、一人暮らしにしても、実家暮らしにしても、そしてルームシェアやシェアハウスを利用しているにしても、変わらない守るべきこと、と言えます。

しかし、そういった点を考慮したとしても、シェアハウスを利用することには様々なメリットがあります。シェアハウスで経験するような経験は、一人暮らしや実家暮らしでは経験できないような体験があります。他人との交友、そして同じ趣味を持つ人との交友、離れた年代、性別の垣根を越えた交友、それら普段の生活では味わえない体験をすることができます。

より自分の交友範囲を広げたい、そう考えている方にも、おススメできる住み方である、と言えます。生活の手段は、現代になって多様化しています。その中で、シェアハウスを利用するメリットについて今一度、考えてみるのはいかがでしょうか。

共有スペースの使い方

シェアハウスの場合、一人一人のための部屋が設けられることとなりますので、ルームシェアのように、何らかの仕切りで分けていることが多い方法よりは、住みやすいかもしれません。また大きな違いとして、ルームシェアは個人同士が行っていることが多いのに対し、シェアハウスは、きちんと管理する人、または会社が存在し、そういった管理業務を委託することができる、という点です。

例えば住居内の設備に不具合が出た場合、アパートやマンションの管理者に問い合わせるように、それに関してトラブルの解決を求めることができます。この点で、単純なルームシェアとは大きく異なっています。より確実なプライバシー、そして安全性が確保されている居住空間である、と言えます。

ただし、より重要なのは、そこがやはり共有空間であることには変わらず、用いる人がルールを守って、生活することが求められます。一つは共有スペースを綺麗に用いること、または同じ利用者の嫌がるようなことをしないということ、などです。稀に、盗難などのトラブルが発生することがあります。そういったトラブルは、リアルタイムでも管理者が全て対応できるものではありません。ですから利用者の側で、それらに対する再認識が必要となります。

他人と生活空間を共有すること

基本的に、私達は一度は誰かと生活空間を共有して過ごしてきたかと思います。今は一人暮らしでも、その前は実家で生活していた人がほとんどでしょう。それは一種の『共同生活』と言えますが、それは当たり前のように昔から行っていたので、当然のことのように思えて、不安もほとんどなかったに違いありません。

では、そういった信頼関係が一から築かれていない人との生活に不安を覚えるのも無理はありませんが、それを行う『ルームシェア』や『シェアハウス』には、果たしてメリットがあるのでしょうか。確かに、あると言えます。

まず、ルームシェアとシェアハウスの違いについて説明しておきましょう。日本ではこの二つの言葉が広く用いられていますが、基本的にルームシェアが、誰かが借りている、または生活している生活空間を、友人や知人同士、またはその他の人と共有することを指すのに対して、シェアハウスは、リビングや浴室、キッチンなどの共有空間のほかに、プライベートな部屋が設けられて、プライバシーが確保された住み方のことです。大きな違いは、まず、完全なプライバシーが確保されているという点、そしてシェアハウスは知らない人同士が用いる場合が多い、という点です。

新しい住み方―シェアハウス

皆さんは、『シェア』という言葉を、日常的に用いることはあるでしょうか。何かを共有する…それは家族の中であれば当たり前のことかもしれませんが、それが他人、となるとあまり考えられない、という方もおられるかもしれません。例えば、何らかの物品を共有するとき、その共有を行う人との信頼関係がなければ、安心して物品を共有したりすることはできないかもしれません。

また、それを実際に管理してくれる人がいて初めて、安心して共有できる、ということもあるかもしれません。一つの会社では様々なものを共有して利用しますが、それは一会社の一社員という信頼関係が社員内で構築されているからこそ、誰もが安心して『共有』を行うことができます。その逆は、不安で仕方がないかもしれません。

これを考えると、昨今話題にもなっている、『ルームシェア』や『シェアハウス』というサービスに関して、不安を持たれる方も多いことでしょう。住まいというのは誰もがまず一番に考えるパーソナルスペースであり、一番安心できる場所でもあります。そういった空間を、自分だけではない、または知人や友人でもない人と一緒に共有する、ということにどのようなメリットがあるのだろう、と考えるのも無理はありません。

しかし、海外ではすでに多くの方が利用している生活空間の『シェアリング』…これには、どのようなメリットがあるのでしょうか。シェアハウスを利用する上で、注意しておきたいこととはどのような点でしょうか。